フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 夏が終わりそう | トップページ | ヘブンリーブルー »

2012年8月18日 (土)

逢いたくなったら

undefined

また逢える気がしています
この星の風は巡ってまあるいかたち



げんきでしたか?
また逢えましたね

うれしい、って
言ってもいいですか?





* * *


「あう」にはいっぱい漢字があって、意味もそれぞれちがう。

合う = 一致 「服が体に合う/計算が合う/目と目が合う」
逢う = (親しい人と)巡りあう
会う = (人と)あう
遭う = (好ましくないことに)偶然あう
遇う = (偶然に)あう


なんとなく、「逢う」は好きな人に会う時に使うのかと思ってた。
「逢瀬」のイメージが強いからかな。

最近読んだ本に「出会い直す」という言葉があって、たとえば、いろいろあって別れた人とまたやり直したい時は、出会い直せばいいのだ、と。

元には戻らないものは、新しく始めればいい。



サザンの「逢いたくなった時に君はここにいない」は、夏になると聞きたくなる、大好きな曲。



逢いたくなった時に君はここにいない


作詞・作曲:桑田佳祐


昨日までの喜びが悲しみに変わるよ
あんなに空が丸く見えるこの頃なのに
たぶん君は許さない女でいる限り
噂の後に割れた絆を

目の前に好きな女性がいればなおさら辛い
今すぐにやり直せば甘い言葉が嘘になる

誰より愛しい女性よ君と歩いた夏
胸によみがえる

独り言の意味さえも言い訳になるのは
自分の罪を忘れるため苦しまぎれに
通り過ぎる夜だけが涙を隠してた
つれない風の音に紛れて

寄り添えば何も言わず分かり合えてたはずの
君だけが抱き合うたび駄目になるのを見抜いてた

逢いたくなった時に君はここにいない
夢は帰らない

一番身近な相手を
他人の目の中でうぬぼれてた

誰より愛しい女性よ君と歩いた夏
胸によみがえる

逢いたくなった時に君はここにいない
夢は帰らない



むかしは歌詞の意味がよくわからなかった。
いまはちょっとだけ、わかる気がする。



* * *




« 夏が終わりそう | トップページ | ヘブンリーブルー »

短歌+」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/46721741

この記事へのトラックバック一覧です: 逢いたくなったら:

« 夏が終わりそう | トップページ | ヘブンリーブルー »