フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月23日 (火)

日曜日のつづき

日曜日のつづきは月曜日の朝の夢の途中でうやむやになる

立ち止まることはできない永遠に動く歩道が動き続ける

100902_0145_3

走っても間に合わなくて心だけ乗せる8時の快速電車

歩くのも駆け引きも下手でピンヒール履けばあなたに待たされている

101002_0160

紺色の完全体になり春のかがやき通りを光らずに行く



 



photo by Toru Takagi








* * *

2013年4月22日 (月)

as far as

マックフライポテト食べさせ合う指と指の間に探す塩味

新しいシーツを汚す心配をしている着いたばかりの宿で

0903122_0044


二人ですることに自由は要らなくてときどき腕を縛ったりする

満ち引きの微差をわたしに教えてはたどり着けない海をひろげる

110905_0110


くの字して眠るあなたにぴったりと嵌まるかたちになるまで眠らない





photo by Toru Takagi





* * *

2013年4月19日 (金)

寿命

いいことも
わるいことも

楽しいことも
嫌なことも

起きすぎてるから
わたし早死にしそうって
真剣に考えてる

とりあえず注射いたい

血管いたい

;;

* * *


たんぽぽのたくさん咲いた日溜まりに猫もわたしも捨てられている

undefined
連行

2013年4月17日 (水)

こわい

何がこわいって

注射がこわい


今日から土曜日まで毎日…;;


こわい

こわい

こわいよ…(泣)


* * *

痛みから引き剥がされて真夜中のウーパールーパー泳ぐ自意識

undefined
病院の床

* * *

2013年4月12日 (金)

若草の

世の中の正解をさがすのは
ぜんぜん得意じゃない

とけたい

発熱


* * *


脳みそのない人形は若草のつまの隣で揺られています


undefined
月ヶ瀬の桜

2013年4月11日 (木)

pain

痛くない体がほしい。
とくに、頭。

痛いと怖い。

怖くないって言われたい。

今の先生はいい。好きだ。
だから病院も行けるし、診察も我慢できる。

あのお薬さえなかったら…


あたまいたい…;;
はやくなおれー


undefined

零れたら抱いてくださいこの庭の白木蓮は夜ひらきます


* * *

2013年4月 9日 (火)

* * *

誰かにしがみついて泣く、ということの希少さ

ゆるされたいのはずるいでしょ
泣いたら楽になってしまうし

大切にしたい人が多くてつらい

貧血がつらい

はやくなおれ


undefined

独りでも歩いていける真っ直ぐで平らな道を教えてください


* * *

2013年4月 8日 (月)

blown off

三通のメール飛ばした春の陽に透けてしまった(返信不要)

110602_0005


永い永いくちづけののち仕方なく電話はしずかに息を引き取る

ゆくゆくは死んでお詫びをするだろう 抱いたり抱かれたりした猫は

100531_0092_2


何もかも過去形にして散りばめたスパンコールを縫い付けていく

会いに行く人はいません ぬばたまの夜行列車に揺られていても

100920_0044_2

あなたから遠ざかる旅始めます 飛び出し坊やの溢れる町で





photo by Toru Takagi








* * *

2013年4月 7日 (日)

marvellous

カタカナの長い名前が好きでいまも蔦の絡まる洋館の夢

091201_0044_2

外国の名前のお酒飲まされてお城に連れて行かれる未定

121016_3840

ひさかたの可視光線の降り注ぐ春に見えない未来がほしい

100501_0132

たのしいねたのしいねって誰かから奪うことしかできない愛だ




photo by Toru Takagi







* * *

no more

信じられないことも

たまにはある


信じたかったので

見えなかったことも





もう行くね こんなに雨が降っていて天使を見わけられそうもない

undefined









* * *

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »