フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 早春 | トップページ | きこえなくても »

2014年4月10日 (木)

四月の雪

心ならいつでもあげる体ならわたしが逢いたい時だけあげる

いっしょにいる時だけの名を呼ばれれば舌を差し出す子犬のように

滴っていくものだけを抱きしめてこれが最後の雪だと思う


Tumblr_mzxn0j6k7l1tr1bnao1_1280

photo by aihara



* * *


それはずっと、
ほしかった言葉。
なんの誓いもない、
自由な言葉。

生まれては消えてなくなる、
四月の雪みたいだった。



* * *








« 早春 | トップページ | きこえなくても »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/55726354

この記事へのトラックバック一覧です: 四月の雪:

« 早春 | トップページ | きこえなくても »