フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 『やさしいぴあの』田丸まひるさんによる朗読 | トップページ | メッセージ・イン・ア・ボトル »

2014年4月28日 (月)

雨に咲く

触れることのない人の影追いかけて鬼のままでも楽しいあそび

咲いていい花、咲かなくていい花、と振りわけられて川沿いにいる

廃線の駅舎は濡れてひかりだす友だちまみれだった夕ぐれ

一日はとほうもながく髪も肌も土の匂いをさせて眠った

芽が出ると思って埋めた種だった あやまらないでほしかったのに

師を慕うようなあかるさ持てあまし白木蓮の散るにまかせる

雨の日に泣かないでって言われてもじょうずに咲けないね、ゆすらうめ

すうるりと素肌に猫を抱くように誰かを信じて生きてゆきたい

名前のない二人になって見上げればトンビが染みになる青い風

花曇り あなたをわたしのものにしてなんにも誓わない毎日だ


Photo

photo by さくらこ


* * *


歌集を渡した友人に、この連作を見せた。

短歌を知らない、作らない友だち。
今まで
歌集を読んだこともなかった友だち。

「前よりなめらかになった。腕があがったね。」
と、言ってもらった。

とある人への思慕をこめて作った連作。

なめらかに人の心に届く歌をつくりたい。



* * *


2014年4月22日付
朝日新聞東京本社版夕刊文化面「あるきだす言葉たち」掲載

朝日新聞デジタル(無料登録で閲覧できます)

http://www.asahi.com/articles/DA3S11098750.html



* * *


« 『やさしいぴあの』田丸まひるさんによる朗読 | トップページ | メッセージ・イン・ア・ボトル »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/55809655

この記事へのトラックバック一覧です: 雨に咲く:

« 『やさしいぴあの』田丸まひるさんによる朗読 | トップページ | メッセージ・イン・ア・ボトル »