フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

PIANISSIMO

頼まれて買うスーパーのレジ前のピアニッシモはたばこの名前

わたしにも移してほしい骨ばった指はいつでも煙のにおい

もっともっとよわくちいさく波打って コットンワンピースのわからずや

落雷の遠すぎる雲の遅すぎる 雨が降らないなんてつまらない

花水木よべばこたえてくれますか うん、ありがとう、白いままだね

Securedownload

photo by さくらこ






* * *


思い立って映画に行けば、
観たかったアナと雪の女王は、もうソールドアウト。

こんなにいい天気なのに、
イオンの店内は人でいっぱいで、
みんなまちがってる、と思ったけど、
ビレッジバンガードはやっぱり楽しかった。

てきとうにブティックをひやかしたら疲れたので、
カルディでコーヒーの試飲をして、
大きいめのミックスナッツを一ふくろ買って帰った。


* * *








2014年5月23日 (金)

なにかひとつ青いものを

いちご、そこにいてくださいね、雨の日にビニールハウスの窓を開ければ

冬のことを忘れて咲いた菜の花のきいろ(裏切り)はやく散りなよ

サムシングブルー誰かをしあわせにする色わたしがいま欲しい色

信じたいことの遥かさ まちがえてもまちがえても青い芥子の咲く庭

926430_1480894408795081_486920205_n

photo by さくらこ



* * *



愛してるなら、手放すこと。
と、おしえてくれた年上のひとは、元気だろうか。

地球上で唯一手に入らないのは、
人の心だと。

だけど、ほしがって泣いたりして、
なかなかじょうずに生きられないね。



* * *





2014年5月19日 (月)

海へ

ラガーシャツの似合う男が好きやった 海まで行って帰っただけの

カーナビに表示されない道の駅の十割蕎麦がおいしかったね

たっぷりとわたしを抱いて弄ぶフレアスカートいちまい千円

半券を捨ててしまえば都合よく忘れてしまえるような一日

もうここには来えへんのええとこやのに あなたのせいで地図が読めない

10268752_290975647735586_1613531277

photo by さくらこ


* * *



髪を10センチも切った(自分で)ことを、
すこし後悔している。
ホットカーラーが巻きにくいので。

また伸びたころには切った理由なんか
忘れて笑ってるんだろう。




* * *



2014年5月15日 (木)

選択しない未来

赤ちゃんをお風呂に入れて今夜からあなたは父の顔して眠る

くるみ入りパンを選んで人生の多くを語らないセレブマダム

理論とか論理じゃなくてメロンパンの中にメロンを入れてください


Tumblr_mzxn3m0l5k1tr1bnao1_1280

photo by aihara




* * *



さいきん未来の選択肢がどんどん減ってきた。


過去に栄光なんてひとつもないけど、
ときどき戻りたい瞬間があって、
それは22歳のときはじめて恋が実ったあの夜の、
わたしになら戻りたい。



* * *









2014年5月14日 (水)

はつなつ

リラが咲くころ会った人 このごろは薄いコーヒー飲めば眠れる

すくえないものが愛しいはつなつのダッシュボードに暮れる一日

たどり着く国にふる雨わたしたちここまで虹を見に来たんだね


Tumblr_mzxmx4wmim1tr1bnao1_1280


photo by aihara



* * *


受けた傷を、どうしようか悩む。
ただ悲しむしかできなかったころを思うと、
大人になったのかな。

鈍感になっただけかも。


* * *










2014年5月11日 (日)

メイストームのあと

ポケットに入れた小銭がつぎつぎと孵化するまでの逢瀬でしたね

完璧な抱擁のあと目にの奥にもうささやかな絶望がある

裏口でまたノラ猫に餌をやる たまには愛してるって言いたい

歩くたび音のする靴 木漏れ日を選べば遠いきみの左手

Tumblr_mzxn8yynnh1tr1bnao1_1280_2

photo by aihara





* * *


思いもよらないことが、次々に起こっては、過ぎていく。
嵐みたいにあっけなく。


大切な人、と思える人に出会うために生まれてきたと思う。
それは大切にされることとは、イコールじゃなくてもいいし、
だけど、できれば近いところに存在していたい。



* * *




 

2014年5月 3日 (土)

あいすくりん

たしかにこれはあかるい嘘だ トラックにいちご牛乳ばかりの積み荷

ぶつけあうような口づけ終らせて猫に食パン齧らせていた

いい人だ。酔えばあなたはわたしにもアイスクリーム買ってくれるし

こんばんは 誰かのために甘く甘くしてから冷やしておくあいすくりん

R0010431

photo (c) toyabun



* * *


なつかしい人とは、なつかしいままの方がいい。
途切れた時間には理由があると思うから。

つなぐなら、出会い直さないと。
それは、新しい人と会うよりもエネルギーが要るし、
いまのわたしにはちょっと難しい。

なつかしい人、ごめんなさい。



* * *





 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »