フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「前頭葉がねむってる」 | トップページ | 「花ざかり」 »

2015年4月11日 (土)

「羽もないのに」  (「午前三時の庭/庭に やみ」より)

退屈、と言われて髪をなでている 沈丁花ならつめたい匂い

文鳥のねむるみたいに木蓮のつぼみはひっそり丸くなりたい

節のない指がひたいに乗せられてなめらかすぎる夜を過ごした

わたしたち同種だったね巣籠もりの枝を今年も覚えていたね

羽ばたいていかないように目覚めるまえに肩甲骨を抱きしめておく

二人でいれば寂しいことからしたくなる月の光のとどかない庭

10358211_330138657135402_596787284_

photo by sakurako



* * *



この花は桜ではなくエゴノキの花。
来月くらいに咲く。
芝生に落ちると、星が散らばっているよう。



* * *

とみいえひろこさん(@hirokodori)の企画  #午前三時の庭 より
わたしは「庭に やみ」で参加しました。
たくさんの方が参加されてます。
まとめてPDFダウンロードはこちら↓
(A4原寸で出力推奨)
https://dl.dropboxusercontent.com/u/273073389/A4niwa.pdf 

わたしはB4で出したのですが、小冊子のようで読みやすかったです。

« 「前頭葉がねむってる」 | トップページ | 「花ざかり」 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/59473236

この記事へのトラックバック一覧です: 「羽もないのに」  (「午前三時の庭/庭に やみ」より):

« 「前頭葉がねむってる」 | トップページ | 「花ざかり」 »