フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「センチメンタル・スプリング」 | トップページ | 「無題」 »

2015年5月15日 (金)

「ハッピーアワーに間に合わなくて」

まなざしを春と呼びたい人といてすだちを絞る夏のはじまり

初鰹に塩をのせたりすることをおしえてもらうまで見つめてる

群れを出て暮らすのね人はわたしたち二人っきりの手のひらに、星

どんな言葉がうれしいのかな四六時中考えていてもう光りたい

熱いね、と君に言われてわたしどこを燃やして待っていたのと思う

15分だけ眠ったら夜と夜のつなぎ目を縫うように帰ろう

10593503_952812254735667_1610116673
photo by sakurako





* * *




今度会えたら言おうと思っていたことを、
伝えられたためしがない。

「今度」はなかなか来ないし、
「いつか」は永遠に来ない。

でも、今度、とか、いつか、とか、
約束してしまうのは、どうしてなんだろう。



* * *



« 「センチメンタル・スプリング」 | トップページ | 「無題」 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

孤独な鳥はどんな鳥
ひとり
でも、劇団にはあかねさんが寄り添っています

ひとりぼっちが空しいときに空き箱も落ち葉に埋もれていますね


デビッドにはドナマーティン
とわにはアリス
ウナの天使ハウン

海星は流れ星が落ちてくるのを待ち続けます

5日のいつかいつの日か
待ちわびるのが好きだからでしょう


小指と小指がさくらんぼ
ハリセンボンが食べられてしまうのが可哀相だからでしょう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/60002927

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハッピーアワーに間に合わなくて」:

« 「センチメンタル・スプリング」 | トップページ | 「無題」 »