フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「marine life」 (『みずつき4』より) | トップページ | 「春をあるく」 »

2015年6月30日 (火)

「温かい背びれ」

I am a tuna って言うから温かい体に背びれがあるのか探す

えら呼吸させてあげよう口づけのまにまに波の音の遠くて

ここは白い海あなたを泳がせてわたしは空から眺めていたい

やわらかいね男の人の足の裏 たまには立っていられないよね

おつかれさまあなたが眠らない魚生まれでなくてよかった おやすみ


Dsc_06781

photo by sakurako





* * *



冬にたくさん気持ちを置いてきたので、
まだぼんやりしている。


一度ぜんぶ手放したので、
その後のことは
生があるだけありがたいような、
そんな気持ち。



* * *


« 「marine life」 (『みずつき4』より) | トップページ | 「春をあるく」 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

飛びマス、飛びマスって、坂上さん、鱒は飛びませんよ。
飛ぶのは、飛び魚です。

飛んで、泳いで、泳いで、飛んで、疲れて、眠ります。
何もなかったような夜の海では、海星が流れ星を待っています。


飛び魚のアーチをくぐって、宝島が見えるころ、お姫様は、雲の上の縁日で、綿菓子を食べながら、なかなかすくわれない出目金をすくっています。人間だって驚くと目が飛び出るでしょ。すくわれないなんてかわいそう。


お魚も眠るそうです。ギョギョっと目はあいたままですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/60570955

この記事へのトラックバック一覧です: 「温かい背びれ」:

« 「marine life」 (『みずつき4』より) | トップページ | 「春をあるく」 »