フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「十月の海」 | トップページ | 「ベランダにて」 »

2015年10月19日 (月)

「雪のふる前に」

二度は来ない気がする海に住む鳥の飛影の落ちてここからの冬

青がいちばん哀しい色ときみが言うわたしが好きな色と知ってて

雪のふる前にあかるくなる部屋の喧嘩、口づけ、春の約束

人も猫もやさしく有ろうと生きていて傷ついていて星がきれいだ

A_dsc_1175

photo by sakurako






* * *



だれかのお家に遊びに行くのはほんとうに久しぶりで、
楽しくてついつい長居をしてしまった。
お茶に付き合ってくれたかわいい娘さんたち、
猫が3匹、犬と亀が1匹ずつ。
季節が来れば順番に花が咲くお庭。
みなまさんのお家が居心地よかったのは、
みなまさんの愛するものに囲まれていたからと思う。




* * *





« 「十月の海」 | トップページ | 「ベランダにて」 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

身体が風邪で悲しく、心が風邪で哀しい。


何でインフルエンザはひかないの?
インフルエンザにはタミフル。
かかる病に、ひいてだめならふってみよ。謎の言葉が天に響きます。


お釈迦様が蓮の池でシャカシャカしますと、下々の者が地上に落とされてゆきます。


たみふるだけに、君は苦笑する。


僕はポケットのブローチを差し出す。


こんな青、初めて、君は云う。


モルフォ蝶の青だよ。モルフォ蝶は標本にしてはいけないんだ。心の中にしまっておかないと。だから哀しい色だよ。


優しくあろうとして、心の奥で虫が巣を張る。
優しくなろうとして、心の奥で言葉が沈黙する。


青は藍より出でて藍より青し。嬉しくあり、哀しくもある。哀しくあり、嬉しくもある。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/62097512

この記事へのトラックバック一覧です: 「雪のふる前に」:

« 「十月の海」 | トップページ | 「ベランダにて」 »