フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「花朧」 | トップページ | 「絵画のように」 »

2016年4月19日 (火)

「海の匂い」

おそろいのビーチサンダル買ったのは去年だったねまた忘れたね

二人しかいない砂浜歩くときどうして見つからない貝殻は

ファインダー越しにあなたが手をふってわたしは波に光を返す

春の凪 ここには魚がいないこと告げられてまだ帰りたくない

もう海の匂いがしてる冷んやりとわたしの頬に触れる手のひら

Dsc_1131_2





* * *




海に行くつもりで買ったワンピースからもう波の音が聞こえる

(テーマ詠「旅じたく」 / KanKanPress『ほんのひとさじ』vol.1)



海に行くためのワンピースには、
ボタンも、ファスナーも、ついてないものを選ぶ。

今年は白いのを買いたい。




* * *

« 「花朧」 | トップページ | 「絵画のように」 »

短歌」カテゴリの記事

コメント

海の遠くに島があります。松島と竹島と梅島です。なみの音がするのは、どの島ですか?
竹島ですね。
松竹梅ですから。


お酒を呑まない僕がお酒の名前は知っているので、ある人は、情け深いのね、と言ってくれた。


情けは人の為ならず、という諺があって、情けはめぐりめぐって、自分にも返ってきます。
寄せては返す、波のようですね。


寄せ返す
波のしぐさの
優しさに
いつ言われても
いいさようなら


え~、それは俵さん。


安心してください、童謡がありますよ。


さよならさんかく
またきてしかく
しかくは豆腐
豆腐は白い
白いはワンピ


しろたえの
フリル波打つ
ワンピース
選んできれいに
生きる練習


東京のカブトムシが全て、哀川翔さんの自宅から逃げ出したカブトムシ由来になる頃には、「白妙の」がワンピースの枕詞に認定されるでしょう。

海に行くためのワンピース
すてきですね。

わたしもほしいです。

石神哲哉 さま


俵万智さんの「寄せ返す」のお歌、すごく好きで、夏になると、海に行くと思い出します。
わたしの「しろたえの」ワンピースの歌を覚えていただいていてありがとうございます!
竹は「なみ」...「並」ですね!


さちさん


ありがとうございます!
最近は、だんだん服のコーディネートがめんどうになって、
ワンピースばかりのクローゼットになってきました...

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1721320/64978064

この記事へのトラックバック一覧です: 「海の匂い」:

« 「花朧」 | トップページ | 「絵画のように」 »