フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月20日 (月)

(※締切ました)題詠「たま」募集のお知らせ #スバコ

たえなかすずと、嶋田さくらこの二人で、
『SUVACO』(スバコ)という短歌の冊子を作ります!
秋の大阪、東京で開催される文学フリマにて販売予定です。

そこで、特集のひとつとして、皆様からの短歌を募集します!

【題詠「たま」一首】
「たま」を詠みこんで下さい。漢字変換可。玉、多摩、球、たまたま、~でしたまさか、など。
筆名を添えてください。

【投稿方法】
たえなかすず(@suzusuzu2009)か嶋田さくらこ(@sakrako0304)までDMください。

<例>
草原の陽にあたたまり吹く風のように届いてあなたの声は (嶋田さくらこ)

※フォロー外の方からも受け取れます。

【〆切】6/26(日)24時



心に残った歌を私たちが数首選評します。
選評させてもらった数名の方には冊子を謹呈、
選評のない方も、ご投稿いただいた分は全首、筆名入りで掲載します。

以下、『SUVACO』(スバコ)の内容です。

・すずとさくらこの連作30首競詠
本気の三十首です。

・男性ゲスト歌人との相聞
わたしたちが尊敬し、憧れの男性歌人二人をお迎えし、
交互に五首ずつ詠み合います。


・女性ゲスト歌人4名の連作
わたしたち二人はツイッターで5年来の友人ですが、同じように、
長く仲良くさせてもらっている女性歌人四人に10首の連作をお願いしました。


・たえなかすずの人気連載「たんきっしゅでいず☆アゲイン」
「たんきっしゅでいず☆」とは、うたつかい誌上で連載をしていた、
たえなかすずさんの短歌×エッセイです。残念ながら今は掲載をしていません。
ファンが多く、この連載をスバコで再現します。


・嶋田さくらこのショートストーリー&短歌
最近、短い物語を書くようになりました。
スバコでは、たえなかすずさんの短歌からショートストーリーを書きます。
春に販売された、月丘ナイルさんが主催の短歌女子サークル「花羽」2016年3月号が
web上で読めますので、よろしければご覧ください。

2016年「花羽」3月号
「ぬばたまの夜」(嶋田さくらこ)

http://flower.perpouh.net/detail.html?id=ebCb1twpJWFOI9PE


そのほか、あとがきにわたしたちの短歌対談、
解説には某短歌男子にお願いをしています。
もりだくさんの内容です。
ぜひ、あなたの一首をお待ちしています!

なお、特別選評枠があります。
スバコ欲しい!」「スバコ楽しみ!」など、
#スバコでつぶやいてくれた方にはたえなかすずが特別に選評&謹呈します。
こちらもどうぞよろしくお願いします!



たえなかすず&嶋田さくらこ

2016年6月18日 (土)

「アンラッキー・ガール」

湖に落とすつもりで拾ったら小石がうすく脈打っていた

言えば終わりになる感情と暮らしててあなたを夜の底に沈める

火は闇を作ってしまうぼんぼりを吊るされて樹は魔物のかたち

菜の花を摘む夢みれば恋人はわたしに触れずに帰ってゆくの

ウェディングドレスの裾を踏んづけて神様のいない祭壇に立つ

Imgp1624
photo by satoshi tsuji



谷じゃこさん制作 「短歌と川柳 並列」より

http://sabajaco.com/heiretsu/






* * *



夏が本格的になる前に、
会いたかった人がいて、
それが叶わないとわかった時に、
雨が降っていてよかった。
もう何も叶わなくても、
驚かない自分に気がついた。



* * *

2016年6月14日 (火)

「夕凪」

日曜の海岸通りわたしたち幸せそうな二人に見える

泡になる人魚の話かわいそう誰がって王子かわいそう

夕暮れに海の水なら青くない 呼べばふるえるこころのように

見てるだけにはもう飽きておだやかな水平線をたぐり寄せたい

かえろうか あなたに腕を放されて波うちぎわに帽子を落とす

沈黙にやさしくなれば問うことも問われることも溶かす夕凪

Dsc_2163
photo by sakurako



千原こはぎさんプロデュース『みずつき5』より
http://kohagi-orz.jugem.jp/?eid=2325




* * *



ゴールデンウィークの、最終日、
連れて行ってもらった海は
まだとても冷たくて、冷たくて、
すぐに波から逃げてきてしまったけど、
そんなふうに体がびっくりするくらいのことを
これからもたくさんしたい。




* * *

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »