フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

「風の夏」

海にふく風に名前をつけたあと少しふるえたあなたのまつ毛

うつくしいことをはるかに遠ざけて遠い祖先の目をする人よ

夏が来て綿毛は空へ放たれた 自由になりたいわけじゃなかった

風のいろは青いね悪いことばかり忘れて生きる猫になりたい

Dsc_2785
photo by sakurako






* * *




またすぐに会えばいい、とその人は言った。
すぐに、っていつだろう、とぼんやり思った。
いつも、すぐに、はすぐに来ない。
きっとすぐに、秋になるね。



* * *

2016年7月 5日 (火)

「雲を抱く」

午前4時半のわたしはほろびるの あめ、あさ、あすのあたらしい愛

夢の中であなたが元気そうだった 忘れてないってこういうことだ

モヒートを注文できるお店ならいいお店、誰と飲みに行っても

雲を抱くように真白なあじさいの咲いていること 正しさのこと

もう傘はいらないみたい守りたいものなくなって夕立のなか

Img_20160705_065757
photo by sakurako





* * *



このあじさいの名前はアナベル。
「愛すべき」という語源があるらしい。
花嫁さんにきっと似合う。

誰かのものになりたいと思った時に、
白い色を身にまといたくなるのは
どこの国もよく似ているんだろう。



* * *

2016年7月 2日 (土)

「空は水に」

蝶になる前にみていた夢だったあなたの指はひかりの匂い

手放せばじょうずに愛せる人がいてブルーベリーを煮詰める暮らし

返信が来ないと知ってて出すメールでもたぶんきっと神様が読む

いつか空は水になるかもしれなくて あなたは魚かもしれなくて

みずうみに行こうと言ってくれたけどあの夏の日の優しさでした

Dsc_2343
photo by sakurako




* * *




おいしさを分かちあいたいと思うのは、
わたしの大きい欲望のひとつ。

そろそろおいしいもの食べに行きませんか。



* * *

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »