フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

「雷雨」

降り出した雨をあなたは悲しみの器のかたちに受け止めている






* * *



すごい音の雷だった。
もう、雨は肌にあたってもつめたくない。
慌てて窓を閉めるわたしに、
猫がのんびりあくびをした。



* * *

2017年5月30日 (火)

「夏が来た」

バスが来るまでなら聞くよ本当にあった悲しい犬の話は






* * *



近くの陶器屋さんの犬の名前がわかった。
「くろみつ」
黒蜜、なのか、黒光、なのか。
人懐っこいコーギー。
お兄さんに軽トラに乗せてもらって
ごきげんだった。

家の中はまだ涼しいけど、
外に出ると、熱い空気のかたまりに入るよう。
夏が来たなと思う。




* * *

2017年5月29日 (月)

「白い花」

待つことも忘れることも愛だろう 白い花だけ庭に植えたい






* * *



ヨガマットを敷いて
ごろごろしていたら、
猫が寝そべってきた。

そのままいっしょに
寝ころんでいたら、
なんだか眠くなって
今日のヨガは終わり。



* * *

2017年5月28日 (日)

「貝殻」

押し寄せてとどく貝殻うけとってみんな砂になってしまった






* * *



南淡路の砂浜で拾った貝殻。
がんばって探したんだけど、
欠けたものが多くてあきらめた。

晴れた日曜日に、
部屋の窓を大きく開けて
ソファでごろごろするのは
すごく自由だ。




* * *

2017年5月27日 (土)

「蛇苺」

星の名をおしえてくれる人といて花の名前をおしえる午後だ






* * *




裏の庭は北向きで、
キッチンのリフォームのせいで
二坪ほどになってしまった。
それでも、おじいちゃんが生きていれば
薔薇や紫陽花の世話をしていたのに。

もう、足の踏み場もないくらい
草ぼうぼうなんだけど
どこから飛んできたのか、
ここ何年か、毎年
蛇苺がのびのびしている。




* * *


2017年5月26日 (金)

「白昼夢」

いつかここにあなたがいるという夢のつづき真昼の川のかがやき





* * *



五月はまぶしいなあ。
もう終わってしまうけど。

今年は日焼け止めをちゃんと塗っている。




* * *


2017年5月25日 (木)

「薔薇」

もらわれた薔薇生き生きと空へ伸びそのうちおじいちゃんへ届くよ






* * *



おじいちゃんが育てた薔薇は、
うちの庭のはもう全部枯れてしまって、
お隣の奥さんにあげた、この薔薇だけになった。

今日は雨上がりで、
肌寒いくらいだった。




* * *

2017年5月24日 (水)

「赤いスカート」

すべからく水を浴びるべき 砂浜に脱ぎ捨てるべき 赤いスカート






* * *



休刊日に海に行った写真を
また見返していた。
海に履いて行った赤いスカートは、
洋服屋をしていた時に、仕入れたけど
バーゲンになっても売れなかった
かわいそうなスカートだ。
ベルギーのブランドで
綿ブロードのプリントの
軽くていい生地なんだけど
ちょっと派手だったのかな。
わたしは好きなんだけど。
結局、自分のものにした。

ずっとよく晴れてたけど、
今日はとうとう雨が降り出した。




* * *

2017年5月23日 (火)

「薄暮」

会いたさを手放してから夕空はゆっくりゆっくり色を失う






* * *



今日は初めて半袖になった。
夕暮れの風は、
夏の匂いがした。



* * *

「花蜂」

羽のある小さな虫に生まれたらあなたの庭の花に住みたい


(5/22の分)


* * *



うれしい連絡をもらって、
なんだか浮かれてしまって
うっかり
日記を書くのを忘れていた。

妹に頼まれて、
姪っ子のためのお弁当袋を作った。
ミシン触るの久しぶりだったけど、
やっぱり楽しかった。



* * *

2017年5月21日 (日)

「百舌」

どこへでもゆける翼に飽きたのかさえずることがうれしい百舌は






* * *




人以外の生き物になれたら?
と、問われたら
鳥になれたらと思う。

この鳥はきっと百舌だと
教えてもらった。




* * *

2017年5月20日 (土)

「夏日」

はつなつの君の腕まくりを愛す 冷やし中華始めました






* * *



暑いと思ったら、
30℃を越えたらしい。

夏でした。



* * *

2017年5月19日 (金)

「夏かもしれない」

春はもう終わったのかな夕暮れの心をひとつにする人の群れ





* * *




半袖の人が増えてきた。
もう夏なのかな。




* * *

2017年5月18日 (木)

「ライオン丸」

今日の日をよかったことにしておいた電気屋さんの猫に会えるなんて






* * *



ライオン丸は、
わたしが勝手に呼んでいるだけで
本当の名前は知らないんだけど、
鼻が大きくて、毛も長いし、
ライオンにそっくり。

ときどき遊んでもらう。




* * *

2017年5月17日 (水)

「葉桜」

葉の影にかくしておけば風が吹くたびに見つかる五月のこころ






* * *



いつのまに桜蘂は落ちたのかな。
こんなに葉が繁ってる。
新緑の季節は、一年でいちばん好きだけど、
桜の下は毛虫がいっぱい落ちてるから
注意しないと。

誰かとお酒を飲みに行きたいなぁ。
昨日はドラマを見ながら、
すごく久しぶりにチューハイを飲んだら
おいしくて、30分で一本空けてしまった。
こういうの、癖にならないようにしないと…




2017年5月16日 (火)

「芍薬」

祖父の植えた一重芍薬また増えて母と今年もあの話をする





* * *



おじいちゃんがもらってきた芍薬は
たった一株だったのに、
年々増えて、母は喜んでいる。

今日はすごい色の夕焼けだった。



2017年5月15日 (月)

「つつじ」

ひそやかにつつじの蜜を吸いあった五月をきみは覚えているか






* * *



公園のつつじの花を
こっそり二つ、とって(ごめんなさい)
久しぶりに蜜を吸ってみた。

ほとんど味がしなかった。
奥の、ずっと奥の方で、少しだけ
甘い感じがした。
昔はもっと甘かったと思ったんだけど…



* * *

2017年5月14日 (日)

「あさり」

あたらしい海を作ってあげるから夢をみていていいよ、あさり






* * *



とうとう初夏みたいな、
長袖のパーカーを着れば
なんだか野暮ったく暑いくらいの、
そういう空気になってきた。

今日は母の日。
これからプレゼントを買いに行く。




* * *

2017年5月13日 (土)

「白」

取りこぼしの多い書類を作っては捨てて明日は白紙で出そう





* * *



近所のお宅のすずらん。
花はもちろんかわいいんだけど、
写真に撮ると、葉っぱがきれいだ。

スーパーに行く時に通る道筋だけど、
いつもは自転車に乗ってるので
すずらんが植えてあるのに気付かなかった。

最近歩くのが好きになった。




* * *

2017年5月12日 (金)

「シロツメクサ」

誰に会うことなく日々は過ぎてゆき花の写真ばかりのフォルダ






* * *



暖められた空気に
シロツメクサの甘い匂い。
花かんむりを編みたいな。




* * *




2017年5月11日 (木)

「花の終わり」

咲くことは死に向かうこと今日いちばん笑ったはなし猫に聞かせた







* * *



わたしの配達ルートで、
八重桜がたくさん散ってた。

そう言えば、
今日は母が買い物をしたので、
わたしは一歩も
店の外に出ていない。




* * *

2017年5月10日 (水)

「海の写真」

もうここに愛がなくてもかまわないわたしを海へ連れていってよ






* * *



朝の雨は上がって、くもり。
山の中の町にいて
海の写真を見返すと、まぶしい。

次はどの海に行こうかな。



* * *

2017年5月 9日 (火)

「日常」

ドアから手を放してお待ちくださいと告げられてもうどこにもいられない






* * *




たった一泊二日の旅行でも、
自由になった魂を戻すのはつらい。

今日はくもりで少し肌寒かった。





* * *

2017年5月 8日 (月)

「五月の海」

もう会いに来ない人だと思ったら海の果てまであなたの色だ








* * *


五月の、月曜日の、真昼間の海は
信じられないくらい誰もいなくて
貝を探して砂浜を歩いた。

海の水はまだ少し冷たかった。



* * *

2017年5月 7日 (日)

「海」

海に来たことはひみつにしてたのに波にあなたの声が届いて







* * *



車で3時間半走って、海に来た。
明日は砂浜に行く。

部屋からも海が見えて最高。
ずっとここにいたいなぁ。




* * *

2017年5月 6日 (土)

「陶器市」

にぎわいの市に夕立ち人と人はこんなに近づくことができるよ






* * *



昨日と今日、駅前陶器市で
クレープを焼いたり、うどんを作ったり
カレーをよそったり、フランクフルトを焼いたりした。

突然強く雨が降って、
うちのテントもひどいことになった。

アルバイトは今日で終わり。
明日と明後日は海に行きます。




* * *

2017年5月 5日 (金)

「水辺」

よっこいせほいせー楽し田に水の引かれて五月いなか暮らしは







* * *



今日は駅前陶器市の出店で
一日中アルバイトだったんだけど、
半袖のポロシャツでも
ちょうどいいくらいで、
テントの中にいても
日焼けしていた。

お客さんはみんな
楽しそうだった。



* * *






2017年5月 4日 (木)

「あんパン」

春の日のパン教室にふかふかとあんパンはおじいちゃんの好物





* * *



今日は妹たちが来て賑やかだった。
わたしの切った髪を見て、
伯母にそっくりだと言って大笑いした。

ゴールデンウィークが終わったら、
もうすぐおじいちゃんの命日。



* * *

2017年5月 3日 (水)

「食べる」

炒飯も天津飯も食べたいよ 友達も恋人も欲しいよ






* * *



今日は染野太朗さんの
歌集『人魚』の読書会へ。

お昼ご飯を食べずに行ったので、
帰ってから
ラーメンの炒飯セットを
……食べてしまった。

読書会、すごいおもしろくて、
参加した方の話に夢中だった。

また、あんな場所に行きたいなあ。




* * *

2017年5月 2日 (火)

「お祭り」

無人駅の光の中に立たされて明日のことがどうでもいいな







* * *



今日はお祭りで、店に神輿が来た。
まだお父さんが担いでいたころ、
10歳くらいだと思うんだけど
神輿の屋根に乗せてもらったりした。

高くて怖かったから、
もっと大きかったと思うんだけど、
なんだか小さく見えた。

今思うと
ちょっと罰当たりだったかも。




* * *



2017年5月 1日 (月)

「チューリップ」

花を摘むようにわたしを抱いた人、お元気ですか、風邪ひいてください








* * *



1年前に、和馬さんにもらった
チューリップの球根が
まだ生きていて、また咲いた。

2回目だからなのか、
少し弱々しい感じ。

来年はどうかな。



* * *

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »