フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば ブログパーツ

お気に入りショップ

ウェブページ

無料ブログはココログ

*イベントレポート

2013年6月 9日 (日)

地方対抗短歌戦まとめ ※自分メモ的に(山本まともくんのツイート含む)

第1回 地方対抗短歌戦(お題:「方」)
<出詠112名・投票151名>

詠草ページ↓
http://www49.atpages.jp/~utakaicgi/page.php?id=3

得点集計用に田中ましろさんが作ったエクセル表↓
http://firestorage.jp/download/7532e097ef89e219f9671038a29500517c2df5e7



以下6月8日(土)地方対抗短歌戦結果発表後の、山本まともくんのツイートをまとめたものです。


☆地方対抗得点結果

優勝【北海道地方】
2位【近畿地方】
3位【甲信越地方】

※【地方割り】参加者総得点×補正倍率

【北海道地方】388×5  =1940点
【東北地方】 185×2.5=462.5点
【北関東地方】122×3.5=427 点
【南関東地方】809×1  =809 点
【甲信越地方】288×5  =1440点
【北陸地方】 43 ×7  =301 点

【東海地方】 308 ×2  =616 点
【近畿地方】 1092×1.5=1638点
【中国地方】 246 ×3.5=861 点
【四国地方】 67  ×6  =402 点
【九州地方】 373 ×2  =746 点

なお、優勝の北海道地方には、山本まとも氏より「タンカキングダム北海道」の称号が授与されました!おめでとうございます!


☆上位個人得票者(鍵つきアカウントの方は除く。


1位:120点 西村湯呑さん@yunomihot(近畿・滋賀)
2位:104点 原必さん@harakanarazu (南関東・神奈川)
3位:90 点 高橋徹平さん(九州・鹿児島)
4位:88 点    奈良絵里子さん@fukiteasobiki (近畿・奈良)
5位:85 点    太田宣子さん@aofukugoori(東海・岐阜)

6位 田中ましろさん@tnkmsr
6位 葛紗さん@blueregret
6位 黒猫。さん@2nd_M_Stars
9位 じゃこさん@sabajaco
10位 杜崎アオさん@morisaki_ao
11位 ヒロマルさん@hiromaru712
12位 飯田彩乃さん@iida_ayano
13位中山裕之さん@Hirochin_dos
13位 ちょろ玉さん@chorodama
15位 綿菓子さん@wata_cukrowa_
16位 香村かなさん@komukana
16位 しずかさん‏@sz_ca




(まともくんのツイートよりまるまるコピー)-------------

『投稿・投票は終わりだけど、ひき続きコメントはつけられます!  コメントは、結果発表画面各詠草の左上隅の[No.xx]をクリックすることで、投稿できるよー。わかりにくい場所だけど、どんどん書き込んでくださいね!』


『それぞれの歌に誰が何点の票をいれたのか、についても各詠草の左上隅の[No.xx]をクリックすることで、確認できるよー。わかりづらい機能だけど大事なところなので、活用してくださいませー!』

『と、いうわけで、投票と結果発表という一応の流れは終了です。みなさん、お疲れさまでした! 結果発表までは終わりましたが、評や感想の交換はまだまだしたりない方も多いと思います。引き続き、コメント機能やハッシュタグを積極的に使ってくださーい。』

『「歌会CGI」と呼んでるものの設置、プログラムとか全く触ったことの無い俺でも1時間程度で終わったと記憶してるよ。興味ある人は挑戦してみて!(そして第2回地方対抗を主催してください…)→bokegram.web.fc2.com/download/



----------------------------------------------

<コメント>

時間がなくてゆっくり選歌できなかったけれど、地域戦になっているのがすごくおもしろかった。
皆さんがどの地域在住・出身なのか、とか、個人的にすごく興味がある。
わが近畿は精鋭多数で2位。すごい。
もし、短歌甲子園みたいなのがあったら、近畿は難関ということか。

また第二回があるといいなーと思いつつ。
ほとんど二度読みせず、ファーストインプレッションで選んだので、すぐに感じる歌しか選べなかった。
各歌へのみなさんのコメントがとても勉強になる。
あらためて、歌を選ぶというのは実力を問われることだと思った。

----------------------------------------------



☆わたしの選歌


<5点>1名

(良い終わり方など分からないけれど)さいごの線香花火、灯すね。

西村湯呑さん(近畿・滋賀)


灯さないでほしい、と思った。
こんな泣きそうなシーンはいやだ。
取り戻せないものがすべて、線香花火が燃えている間に次々と思いだされるのだろう。




<3点>4名

頼らない生き方として手に入れた無口 さよならさえも言えない

田中ましろさん(近畿・滋賀)


選んだ生き方なのに苦しくなるのはなぜだろう。
本当は、すべてをなげうって、受け止めてくれる人が欲しいのかもしれない。




北に本 東にお菓子 西にお茶 南にスマホ 休暇方陣

ヒロマルさん( 中国・広島 )


誰にも邪魔されたくない結界。



昼飯もシリアルでいい 洗濯は明後日くらいにした方がいい


山本まともさん(東北・山形)

何もかもあとまわし。今はそういう自分でいい。



片方の故郷がさみしいと言った 泣かせてごめん 泣かせてごめん


rayさん(甲信越・新潟)


ごめん、と言われると、もっと泣きたくなる。
二回も言わないで。もっとさみしくなる。



<1点>15名

満月を半分こする方法がないから君がここにおいでよ /黒猫。さん(北海道・札幌)

方言は津軽にかぎると君を抱くいつも冷たい足のやさしさ /中山裕之さん(近畿・京都)

盗んだバイクも持たないおれの明け方をどうしてだろう美女が横切る /ちょろ玉さん(南関東・神奈川)

方言で寝言呟くひとが去り解読出来ぬ謎だけ愛す /綿菓子さん(北海道)

きんきらの匙をゆっくり傾ける 立方体は優しく沈む /こはるさん(九州・鹿児島)

吾子は今正義の味方に憧れて日曜の我は悪魔の手下 /平塚佑規さん(近畿・兵庫)

音楽の方向性の違いより雛人形はソロ活動に /価格未定さん(九州・長崎)

立方体の都会のすみで君とした口約束が湿度にかわる /こゆりさん(南関東・埼玉)

セーターに袖のほつれは遺されて未だ行方の知れぬぬくもり /濱松哲朗さん(北関東・茨城)

週末に社員旅行が控えてて来週末の方が楽しみ /あみーさん(九州・佐賀)


方眼紙のひとマスひとマス塗りつぶすような恋ですあなたは遠く /松村由利子さん(九州・沖縄)

詩集から飛び立つ白い鳥たちの行方はすべて空へ託そう /都季さん(北海道)

点と点しるす座標に負と立ちてかひなき夢をみる方眼紙 /中牧正太さん(東海・愛知)

スピルバーグ映画のように都合よく助けてくれる味方が欲しい / 山本左足さん(東北・岩手)

置き去りにされた想い出郵便で送る宛名は新妻方で /おちゃこさん(東海・愛知)





☆わたしの提出歌

慈悲深き君の造りし方舟にもう十四年ゆられています /嶋田さくらこ(近畿・滋賀)


26点(3点×3名/1点×18名)で64位。
香村かなさんのコメントがうれしい。ありがとうございました;;





* * *

2012年8月 2日 (木)

『エキチカヘブンファイナル』~何らかの歌詠みたち('12.7.15.sun)

名前はまだなゐpresents『エキチカヘブン ファイナル』

http://www.youtube.com/watch?v=esnPSFkO-7c

大阪堺市、コミュニティカフェpangeaで行われたイベントは大盛況で、楽しすぎた。

7月15日(日)の14時から、それはもう清濁あわせのむ勢いのパフォーマンスがたくさんあった。

名前はまだなゐ  http://blog.livedoor.jp/namaehamadanahi/

短歌仲間の、岡野大嗣さん率いる「なんらかの歌詠みたち」は、短歌朗読で出演。
メンバーは木下龍也さん、飯田和馬さん、飯田彩乃さんの4人。

ちょっとだけお手伝いをするために、この4人といっしょに12時すぎに会場入りした。

Dsc_1252 4人のリハーサル風景。

Dsc_1257_3 を、撮る田中ましろさん。













Dsc_1272

本番は16時半くらいから。1階も2階もたくさんの人。始まる前に、岡野さんが事前に用意した冊子を観覧者に配ったのだけど、全然足りないくらい、お客さんがいた。

たぶん、短歌をまったく知らない人にとって、この冊子はとても親切だったし、イメージがよかったはずだ。

その冊子がこちら。Dsc_1362
なんと50ページもある。
紙は13枚。
しかもフルカラー。


朗読される短歌がすべて進行順におさめられ、すてきすぎるカラー写真付き。


4人のファンには垂涎ものの一品...

                             Dsc_1363


ちょっとだけよ☆(チラッ


この冊子の製本のために、ホッチキスプロフェッショナルとしてわたしは志願したのだった。

【製本担当】
紙分け(飯田和馬)
紙折り(田中ましろ)
ホッチキス(嶋田さくらこ)

焦ってたからちょっと荒かったかもしれない。すんません...(涙)

吹き抜けの2階からと1階からと、どちらから観るのもよかった。
わたしは耳がよくないので、1階の、出演4人の近くから観た。
短歌は声になると、黙読するのとまた違った景色が見える。
なぜだろう。
短歌をのせるバックミュージックが、ほどよく溶け込んでいたからかな。
4人の声のひびきのおかげかな。
あの日、あの場所に居れて、ほんとうによかった。

いつもの仲良しのみんな(短歌クラスタ)は一体何人来ていたのだろう。
きっと十三で初めてあった時の何倍も。
舞台に立つ人にエネルギーを与えるのは、観る人のエネルギーだ。
欲目じゃないけど、行われたパフォーマンスの中でだんとつ良かった、わたしにとって。

岡野さん、龍っちゃん、和馬さん、彩乃ちゃん、すてきすぎる時間をありがとう。
ほんとうにお疲れさまでした☆☆




1342330477694 

岡野さんの粋なはからいで、会場入り口の販売ブースには、うたつかい6月号をうたらばといっしょに置かせてもらえて、買ってくださる方もいてうれしかった。

短歌なzineうたつかい
www.utatsukai.com/

短歌×写真のフリーペーパー「うたらば」
www.utalover.com/


4人の出演が終わってから、「今の人たちのが載ってるんですか?」と、若い男の子が来て、うたつかいを買ってくれた。

なんだろう、これが噂の胸アツ?

主催の岡野さんのブログを読んで、またも胸アツ...
第2ファスナー
http://2ndfastener.blogspot.jp/

イベントは夜まであった。夜はライブもあったらしい。
残念なことに、わたしは18時前にお暇したので観れなかった。
体調があまり良くなかったせいか、暑さにあてられてしまい、長時間居ることができなかった。くやしかった。


おまけ。
会場だった、コミュニティカフェpangea(パンゲア) http://www.pangea-sein.com/
は、ロケーションは最高だし、中はお洒落でアートな空間だった。

Dsc_1263_2
2階への階段
















Dsc_1260_4

Dsc_1265

テラス席









リハも終わって、始まるまでの間にちょっと一息。わたしは欲張ってグリーンカレーもタコス?も両方食べた。すっごい美味しかった。
金色の液体はもちろんビール。

左の脚が龍っちゃんで、右の脚が岡野さん。

たぶん...



そして思い返すのも悔しいことが、みんなといっしょに一枚も写真を撮らなかったこと...(泣










* * *

その他のカテゴリー